脱毛当日前後に気をつける事

日焼けは厳禁・施術前日にはシェービングを

脱毛をする際には日焼けをしてはいけません。脱毛に使用する光には黒い色に反応する性質があるため、肌が黒く焼けているとその色にも反応してしまい、火傷をしてしまう恐れがあるからです。もし日焼けをしてしまったら元の色に戻るまで施術はできません。多くのサロンやクリニックでは安全性を考えて日焼けした人の施術は断っていることがほとんどなので注意しましょう。

また、施術の前日には脱毛する箇所の毛を剃っていく必要があります。毛が伸びたままだとやはりやけどなどのトラブルを起こしやすくなるからです。もし剃り忘れてしまった場合、施術を断られることもあります。また、シェービングをやってもらえる場合でも別料金となるケースもあるので注意が必要です。

冷却と保湿・UVケアで施術後の敏感な肌を守ろう

施術を受けた直後の肌は、赤みを帯び熱をもってほてっています。サロンやクリニックでは冷却を行いますし、数日様子を見れば自然に収まってしまうことがほとんどですが、もし収まらない場合はすぐに相談しましょう。自宅で保冷材などで冷やすのもおすすめです。

こうした症状は体温が上がるとより顕著になります。そのため、施術を受けた日はお風呂はシャワーのみとし、飲酒や激しい運動など体温を上げるような行為は避ける必要があります。また施術後の肌は普段より敏感になり乾燥もしやすくなっているので、保湿ケアは欠かせません。紫外線による刺激も肌には良くないので、日焼け防止の意味もこめいつも以上に入念にUVカットを心がけるようにしましょう。

© Copyright Solve Hair Problems. All Rights Reserved.